びびび備忘録

日々過ごしていて困ったことや何とか解決できたことを共有します

空気を読む力を逆手に取られる例

f:id:chidimaca:20171008041156j:plain

ある日、新聞と一緒に1枚のチラシが入っていました。
とある美容ドリンクのチラシです。

 

誰もが知っている大手メーカーの商品で、テレビCMも見たことがあるような気がします。

 

朝ご飯を食べながらなんとなくそのチラシを眺めていて気付いたのですが、
このチラシ、「たるまない!」とか「上がる!」などとは書いてあっても
具体的な効能については何一つ書いていないのです。

 

何がたるまないのか、何が上がるのか、については全く触れていないのです。
ほんとに!一切!!

 

にも関わらず私はその商品についてなんとなく

「たるんだ肌(とくに顔)のハリを復活させるドリンクなんだろうな」と思っていました。

そんなこと誰も言ってないのに!

 

何故なのか。

 

 

 

空気を読ませる

 

気になったので改めてWeb上にアップされていたCMを見てみました。

ここでもやはり具体的に何がたるまないのか、何が上がるのかは言及されていません。

 

「たるまない毎日のために」とか

これを飲んだら上がる感じがしました(※個人の感想です)」とか

徹底して「何が」を避けています。

 

ただ、CMの冒頭でこのドリンクの愛飲者として紹介される女性の

思いっきりライトを当てて顔面白飛びしそうな写真がバーンと映し出されたため

なんとなく「顔の皮膚のたるみに関する商品なのかな」と思い込んでしまっていたんですね。

 

「たったそれだけで!?」と思うかもしれませんが、

ほんとにたったそれだけなんですよ。

CMでもチラシでも一切「何が」には触れられていないんです。

 

これを飲んでいればもう下がらないです」とかにこやかに言ってましたけど、

改めて見てみると何言ってるんだろうですよ。

 

「たるまない」という言葉と真っ白な顔写真を見ただけで

「ああ、そういうことね」と空気を読んでそれら二つを勝手に結びつけてしまっていたんです。

 

勝手に空気を読んだのは受け手側?

 

私は実際にこの商品を購入したわけではないので
ここから先は仮定と推測になるのですが、
もしこの商品を購入して飲んだけれども肌のたるみが改善せずメーカーに文句を言った場合、
メーカーとしてはこう言うでしょう。

 

「たるんだ肌が上がるなんて一言も言ってませんけど?」

 

そりゃそうですよね。

実際言ってないんですもん。

 

「張り合いがなくてたるんだ生活ってことですよ」
「おいしいドリンクを飲んで気分が上がるってことですよ」

 

何とでも言えますよ。

勝手に空気を読んだのは消費者の方ですからね。

 

時には空気を読みすぎないこと

 

私自身そんなに空気を読むのが得意というわけではありませんし、
なんなら「最近の日本社会の風潮って空気読め空気読めってちゃんと言ってくれなきゃわかんねーだろーが!」くらいに思ってましたけど、
案外空気を読んでしまっているものだなぁと思いました。

 

人と人とのコミュニケーションでは空気を読んだ阿吽の呼吸が必要な場面もありますが、

情報を検討する際には空気を読む力や先入観は捨てたほうがよさそうですね。

 

ちなみに、この記事は件の美容ドリンクを「インチキだ!」と糾弾するものではありません。

「何が」上がるのか言及していない以上、

「潤いを失ってたるんだお肌がキュッと上がる」可能性もあるわけですからね。

 

ただ、こういった美容ドリンクを購入する際には

「何が上がるんですか?」と問い合わせてからにしたほうがいいと思います。

 

(気になるのでもし問い合わせたら結果を教えてね!)

 

眼鏡かけてる人、温泉やスパでどうしてる??

f:id:chidimaca:20170918004755j:plain

私は高校入学と同時にかけ始めて以来ずっと眼鏡をかけているのですが、
温泉やスパで入浴する際、いつも困っていました。

 

裸眼視力0.1以下なので眼鏡をはずすと何も見えません。

露天風呂の景色どころじゃないし、案内板や泉質を説明したプレートがあっても至近距離まで近づかないと読めません。

少し先にあるのが湯船なのか洗い場なのかも定かではないし、足元も見えないから危なっかしくて。

 

かといって、眼鏡をかけたまま入ったら

フレームが変形したり金属部分が錆びたりしそうで……

 

……と悩んでいたのですが、

かけたままお風呂に入っても錆びたり変形しない眼鏡があると知ったのです。

 

メガネの愛眼さんの度入りお風呂用メガネ「FORゆ」です。

f:id:chidimaca:20170918005513j:plain

というわけで、購入・使用レビューです。

 

続きを読む

デザインにおいて、大事なテキストは絶対絶対絶対絶対手打ちしちゃいけない

f:id:chidimaca:20170905154207j:plain

チラシでもパンフレットでもグッズでも何でもいいんですが、
他社の製品やサービスをPRするアイテムをデザインする場合、
絶対にテキストを自分でタイピングして打ち込んではいけません。


クライアントから支給されたテキストをコピー&ペーストするのが原則です。
やむを得ず手入力する場合は細心の注意を払わなければいけません。

 

なぜかって、そりゃ

打ち間違えたら大変だからですよ!!

 

自分の個人的なイラスト等ならまだしも、
報酬をいただいて制作している他者様の製品で誤字脱字……
ましてや製品名やサービス名を間違えたら目も当てられませんからね!

 

なんでこんなことを改めてわざわざ記事に書いたかというと、
スクエニカフェの限定グッズで看板タイトルである「DRAGON QUEST(ドラゴンクエスト)」のつづりを「DORAGON QUEST」と間違えてしまうという痛ましい事件が発生したからです……(下記ツイート参照)

 

 

続きを読む

ベトナムコーヒーという哲学

f:id:chidimaca:20170903062014j:plain

ベトナムコーヒーをご存知ですか?

 

コーヒーといえば南米というイメージですが、ベトナムのコーヒー生産量はブラジルに次いで世界第2位です。

 

ベトナムのコーヒーは、「フィン」という器具(写真参照)を使って淹れ、コンデンスミルクをたっぷり入れて飲むのが特徴。キャラメルのような味がします。

 

続きを読む

コンビニのレジ前アイスコーヒーがぬるかったのは“あること”をしなかったから

f:id:chidimaca:20170725013559j:plain

今日、コンビニでアイスコーヒーを買ったらどうもぬるい

レジ前にある、自分でコーヒーマシーンを操作して淹れるやつです。

 

Lサイズを買ったので「量が多すぎてちゃんと冷えてないのか?」とも思ったのですが、一拍遅れてハッと気付けば理由は簡単。

 

いつも無意識にやっている“あること”をするのを忘れていたんですね。

 

続きを読む

4コマ漫画でベトナムコーヒーに親しもう♪ 留学生ホアちゃんの4コマ連載開始です!

f:id:chidimaca:20170713232641j:plain

こんばんは、チヂマカです。

ライターやデザイナー業のかたわら、イラストレーターもしております。

 

このたび、ベトナムジャパンコーヒー様のサイトで、ベトナムからの留学生ホアちゃんの4コマ漫画が連載開始いたしました。

私が作画を担当させていただいております。

 

【↓こちらからどうぞ】

4コマ漫画「ホアちゃん」 - vnjpcoffee ページ!

 

ホアちゃんはベトナムジャパンコーヒー様のブランド「アオザイビューティ」のパッケージにもなっているキャラクターなのですが、コーヒーが大好きでちょっとドジっ子な女の子です。

(ちなみに「ホア」はベトナム語で「花」という意味だそう)

 

月2回連載予定とのことなので、今後ともぜひよろしくお願いいたします!

 

シャツやカーディガンの襟のところに付いてる紐って何のために付いてるの?

f:id:chidimaca:20170706040250j:plain

シャツやカーディガンの襟のところに付いている紐ってあるじゃないですか。

↑こういうのです。(写真はユニクロのブラバレエネックTです)

 

これ、何のために付いているのか分からなかったんですけど、付いているからには何か意味があるのだろうと思いながらずっと付けたまま着ていました……

 

襟ぐりが大きめにあいているシャツやゆったりしたカーディガンによく付いている気がしたので、「肩のところがずり落ちすぎないようにするためかな?」などと勝手な想像をしていました……

 

この紐、いらないし別に切っちゃっていいそうです。

 

続きを読む