びびび備忘録

日々過ごしていて困ったことや何とか解決できたことを共有します

ベトナムコーヒーという哲学

f:id:chidimaca:20170903062014j:plain

ベトナムコーヒーをご存知ですか?

 

コーヒーといえば南米というイメージですが、ベトナムのコーヒー生産量はブラジルに次いで世界第2位です。

 

ベトナムのコーヒーは、「フィン」という器具(写真参照)を使って淹れ、コンデンスミルクをたっぷり入れて飲むのが特徴。キャラメルのような味がします。

 

 

 

 誰かと共に過ごす時間を含めて「ベトナムコーヒー」

 

日本初のベトナムコーヒー・エヴァンジェリストである松永 猛さんがベトナムの人に

 

「おすすめのおいしいコーヒーやさんはありますか?」

 

と聞いたところ、
帰ってきた答えは

 

「ベトナムではコーヒーを蒸らしたり抽出したりしている間、同席している人と話をして楽しむ。それを含めてコーヒーだ」

 

というものだったそうです。「答えになってないじゃーん!」と言いたくなるかもしれませんが、私は以下のように解釈しています。

 

コーヒーのおいしさには同席している人と話をする楽しい時間も含まれている。
だから、「どこで飲むか」よりも「誰と飲むか」が重要だ。

 

ゆったりした時間が流れるベトナムのコーヒータイム

 

前出の松永さんのベトナムコーヒー教室でベトナムコーヒーの淹れ方を教わった際、まず始めにコーヒー豆の粉を蒸らす時間は5分くらいとると教わりました。

 

ずいぶん長いですよね。(普段ドリップコーヒーを淹れるときは数十秒です)
ベトナムの人がこの蒸らし時間の間何をしているかというと、一緒にいる人とおしゃべりをしているそうです。蒸らしが終わった後、本格的にお湯を注いで抽出している間もやはりおしゃべりをしているのだとか。

 

日本人だったらついつい「すきま時間にちょっとした用事を片づけよう」などと言ってあくせく動いてしまいそうなものですが、ベトナムの人達にとってこの時間は大切なものなのでしょう。

 

なんだか少し、うらやましくなってしまいました。

 

 

余談。

ベトナムコーヒー教室でも使っていただいた、ベトナム直輸入のコーヒー豆アオザイビューティ。パッケージデザインを担当させていただいております。イメージキャラクター・ホアちゃんのイラストが目印です。

ベトナムジャパンコーヒーさんのサイトで購入できます。

 

ベトナムジャパンコーヒー 公式サイト

f:id:chidimaca:20170903062026j:plain