びびび備忘録

日々過ごしていて困ったことや何とか解決できたことを共有します

舞鶴場所アナウンス問題は相撲だけの問題ではないかもしれない

f:id:chidimaca:20180405023816j:plain

お題「最近気になったニュース」

 

4月4日、京都府舞鶴市で行われた大相撲の春巡業で舞鶴市長があいさつ中に土俵上で意識を失って倒れるという事件がありました。医師とみられる女性が救命のために土俵上に上がったところ、「女性は土俵から降りてください」という場内アナウンスが行われたことが物議を醸しています。

 

「人命救助より女人禁制のしきたりを優先するのか」「緊急事態だという状況判断ができないのか」という意見については他の方が十分言及してくださっていますし、私もその通りだと思うのでここでは触れません。

 

気になったのはこのアナウンスが流れるに至った経緯です。

 

 

微妙に食い違う状況説明

 

この件を受けて相撲協会の八角理事長が出したコメントでは

 

行司が動転して呼びかけたものでしたが、人命にかかわる状況には不適切な対応でした。 

 

とあります。

動転してしまった行司が状況を見ずにアナウンスをしてしまったと。

 

 

一方で京都新聞読売新聞の記事では、主催した実行委員会の説明として以下のような記載があります。

 

会場に待機していた消防署員が自動体外式除細動器(AED)を持って処置を交代したため、日本相撲協会の関係者が「下りてください」とアナウンスしたとしている。 

 

実行委は「救急隊員に処置を引き継いだ後に放送が流れたと認識している」と説明している。

 

実行委員会としては「きちんと状況を見てアナウンスが行われたので問題はない」という認識だったようです。

 

また、今のところこれを報じているのは日刊スポーツだけのようなのですが、

 

 日本相撲協会関係者によると、一部観客の中から「女性が土俵に上がっていいのか?」との声が挙がり、指摘を受けた若手行司が慌てて場内にアナウンスしてしまったという。

 

という記事もあります。

 

動転した行司があわてて行ったアナウンスだったのか、きちんと状況を把握した上で行われたアナウンスだったのか。

アナウンスは誰が指示したのか、「女性が土俵に上がっていいのか?」と指摘した観客はいたのか。

 

現状ではなんとも分からないことだらけです。

 

苦情・クレームがないことを最上とする風潮

 

舞鶴場所は、同市の市制75周年を記念して実行委員会が主催して開催されました。実行委員会は地元有志でつくられているそうです。大相撲をめぐるトラブルが相次ぐ中での開催ということで、「何かあってはいけない」という気負いが実行委員会だけに限らず関係者全体にあったことでしょう。

 

関係者の頭にあったのはおそらく

「土俵は女人禁制というしきたりがある」

     ↓

「それを破らせたら自分がお叱りを受ける!」

という自己保身ですよね。

(「人命救助を邪魔したらお叱りを受ける」という考えはなかったようですが)

 

お叱りを受けるのを恐れた相手が観客なのか相撲協会の上の方なのか、はたまた別の誰かなのかは前述の通り今のところ不明です。

 

でも、この件のようにクレームや文句、お叱りを恐れるあまり他の大事なことを見落としてしまうケースは、相撲以外でも往々にしてある気がします。

 

たとえば、少し前にスーパーの駐車場でガードマンが「お気をつけて」などの声掛けをしていたところ「耳障りだ」とのクレームが入り、スーパー側がそれを警備会社に伝えたと掲示したところ他の客から反論や批判が殺到したという件が話題になりました。

 

 

 イベントやサービスに正当とは思えない苦情が寄せられて中止や変更になることもよくあります。会社などでも「上司の機嫌を損ねるから」「問題になりそうだから」と明らかによくない風習が放置されていたり新しいシステムの導入が進まないことがあるでしょう。

 

「女性は降りてください」とアナウンスを流す、警備会社に報告する、イベント場所を変更する、賄賂を渡す、セクハラを我慢する、無理して残業する、等々解決手段は様々ですが、「文句が出ず波風が立たない状態を最上とするあまり判断基準がずれてしまっている」という点では根っこは同じなのだと思います。

 

「杭が出そうになったら叩き潰せ」的な、面倒事を徹底的に避ける風潮が世間に蔓延していないでしょうか。たとえいくつかは文句や批判が出ても、曲げてはいけないことや曲げる必要のないことはあるのではないでしょうか。

 

前例や慣習にこだわって判断を誤っていないか。
自己保身のために他人の被る損害に見て見ぬふりをしていないか。

今回の一件を反面教師として、戒めにしたいと思いました。

 

 

舞鶴市長は救急車で病院に運ばれ、意識も回復して会話もできるとのことなので、その点だけは本当によかったです。

 

関連記事:

www.chidimaca.com