びびび備忘録

日々過ごしていて困ったことや何とか解決できたことを共有します

肉汁したたる牛肉100%ハンバーグといえば、神奈川の誇るハングリータイガー!

f:id:chidimaca:20170702035918j:plain

肉だいすき民として、静岡のさわやかには一度行ってみたいと思っています。

チヂマカです。

 

でもね、神奈川にもあるんですよ、おいしいハンバーグ屋。

それが「ハングリータイガー

他県ではあまり知られていないようですが、神奈川県民の認知度はかなりのものです。

以前は他県にも出店していたようですが、現在は神奈川県内のみで9店舗展開しています。

 

【公式サイト】

横浜のハンバーグ&ステーキレストラン【ハングリータイガー】

 

ハングリータイガー、直訳すると飢えた虎ですよ。

この「肉を喰らうぞ」感がたまりません。

 

店内は古きよき時代のカントリーアメリカンテイスト。

私は本店と横浜モアーズ店にしか行ったことがないのですが、店頭の見えるところにガラス張りで炭火のグリルテーブルが設置されてまして、そこで肉を焼いているのを横目で見ながら入店するわけです。肉の焼けるいいにおいもただよってきます。

 

あー、書いててまた食べたくなってきた。

 

 焼き加減はしっかりめ

 

私はさわやかに行ったことがないので他の人のレビューを参考にするしかないのですが、焼き加減はさわやかの方がレア感あり、ハングリー(我が家ではハングリータイガーをハングリーと略します)の方がしっかりめだそうです。

ここは個人の好みの問題だと思いますが、私はこのしっかり火の通った“肉のかたまり感”が好きなのです。

 

ちなみに、ハングリーのハンバーグは食べる直前に店員さんがテーブル上の鉄板で調理の最終仕上げをしてくれるスタイルです。今では色々なハンバーグ店がこのスタイルで提供していますが、実はハングリーが元祖なのだそうですよ。

 

食べている間も鉄板は熱いままなので、ちょっとずつ火が通っていくんです。はじめのうちはまだ少しレアさの残ったふわふわのハンバーグを楽しめ、火が通ってきてからはゴツゴツしたIt's肉!のような肉のかたまりを楽しむことができます。

f:id:chidimaca:20170702040713j:plain

これはオリジナルハンバーグが2つ載ったダブルハンバーグステーキ。
ソースと肉汁がじゅわじゅわしているのがわかるでしょうか。
ボール状のハンバーグ2個をそれぞれ半分に割って鉄板の上で仕上げてくれるので、合計4個になります♡もちろんシングルのメニューもありますよ。

 

100%!肉!

 

さっきから肉のかたまりかたまり言ってますけど、ハングリータイガーのハンバーグは混じりっけなしの牛肉100%なので、言わばほんとに肉のかたまりなのですよね。

 

「私は今!肉を喰らっている!」感がハンパない。

 

しかも炭火焼きで表面を一気に焼いて肉汁を閉じ込めるから、肉汁もじゅわっじゅわ。

失った野性を取り戻した気さえしてきます。

 

油がめっちゃ飛ぶので注意!

 

肉汁の話が出ましたが、目の前の鉄板で調理の仕上げをしてくれる際、油がめっちゃ飛びます。たぶん想像してるよりも飛びます。

 

一応防御用の大判紙ナプキンが用意してあるので、それを胸あたりまで上げて上半身を油から守るのですが、1滴や2滴余裕で服にはねてると思います。

 

なので、あんまり気合入れておしゃれして行くのはおすすめできないかなー。

きれいに着飾った女の子を連れて行くのもおすすめできないかも。
でも、肉好きカップルがお互い納得した上で一緒に行くのは全然OKです。先日行ったときもカップルいっぱいいましたし。

 


私の大好きなハングリータイガーの炭火焼牛肉100%ハンバーグをご紹介しました。

ハンバーグとステーキのお店なのでもちろんステーキもあるのですが、おすすめはだんぜんオリジナルハンバーグです!

 

ソースがね、またおいしいんですよ。

 主張しすぎず、かといって物足りないわけではなく、しっかりと肉の味を引き立てるソースです。

 

お近くにいらした際はぜひ行ってみてくださいね!